« 有村産業の「フェリー海龍」は境ヶ浜に係留中 | Main | 今年(2010)の鞆の浦弁天島花火大会は5月29日 »

鳩山総理に絶望した

 沖縄の普天間問題は、鳩山総理を追い詰めたような気がします。
 今回の進め方ではおそらく解決できないと思います。
 まず、期限を5月末に設定した事。
 アメリカ軍の基地問題は複雑ですから簡単にはいきません。もし、これだけの短期間で解決できるのでしたら、大昔に終わっています。選挙の事を考えての事と思いますが、あまりにも軽率と思います。
 次に、「『最低でも県外』と言っていたのは公約ではない」と言ったり、「海兵隊の抑止力に対する認識が違っていた」ような事を言っていては、無責任という印象になります。政権交代は国民の為だったはずで、このような混乱した状況になる事を目的にしていなかったはずです。
 アメリカ軍基地は嫌われています。日本国内で誘致を目指す場所はありません。このようになった原因の一つは、地位協定です。殺人をしても強盗をしても婦女暴行をしても飲酒運転でひき逃げをしても基地内に逃げ込めば日本は手が出せません。逃げ得を許す協定ですが、この点を改訂する動きは全くありません。また、アメリカ軍の「綱紀粛正する」の言葉はオオカミ少年状態です。
 もう一つは、騒音等の環境問題です。私は海老名市に住んでいましたから、厚木飛行場の夜間離着陸訓練についてはよく知っています。あの騒音を経験しますと、基地はいらないと思ってしまいます。

 今回は手続きにも問題があります。あれで徳之島が受け入れると思っていたとしたら、常識が無いと言われても言い訳ができないでしょう。また3町長に会うのが後になる等、手順もおかしかったと感じます。

 もし普天間の問題を解決するなら手順を変える必要がありそうです。
 鳩山さんはもう少しはできる人と思っていましたが、最後の大ばくちで負けましたから先は無さそうです。

|

« 有村産業の「フェリー海龍」は境ヶ浜に係留中 | Main | 今年(2010)の鞆の浦弁天島花火大会は5月29日 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鳩山総理に絶望した:

« 有村産業の「フェリー海龍」は境ヶ浜に係留中 | Main | 今年(2010)の鞆の浦弁天島花火大会は5月29日 »